神社 神主 怖い 話

公開日: 02.07.2020

神社の種類 神社の作法 神社お守り. 私もこのお話を文章に起こす際に、記憶にあったこの御札について調べてみると、内容的にもかなり近い情報はいくつか見つけました。 神主さんとのやり取りから察するに、この御札は女の子が大人になっていく不安定な精神状態が、何かによって取り込まれるのを防ぐ神様だったのでしょうか。.

出典 chuugoku-shikoku-powerspot. 友人からの伝えで聞いたことなので、Y男のその後が気になる所。 この話のオチは本当にどうなったのかわからないという事です。 Y男の症状がどうなったのかわからないのではありません。. お気に入り 詳細を見る. 皆さんも学校で、よく霊感が強いだとか、背後霊が見える。 そういった子は、必ずクラスに一人は居たのではないでしょうか。 私が通っていた京都の小学校にも、まさにその手の子がおりました。 今考えてみてもちょっと小学生の作り話とは考えにくい不思議な恐怖体験談がありました。. 西陽の怪異と御札 7. 二年間何も霊を見なかったわけではないが、 仕事に支障を来すものは無かったので良しとしてた。 そんなある日ある御祈祷の依頼が来た。 簡単にいうと心霊写真の御祈祷だね。 とはいえ心霊写真のお祓いの仕方なんて学校じゃ習わないし あんまり神社に来ることもない。 依頼をしてきたのは老夫婦だったんだけど 写真の内容は夫の足が映らなくて顔が明らか違う人になってるというものだった。 たしかに見ると足は映らないというより薄く見える。 とはいえ光の関係で写真の下の部分が白くなってるのでその影響なんじゃ?と思う程度。 顔もまぁたしかに違うようにも見えるが…ぐらいの具合だった。.

25 .

トップ 神社 神社の種類 神社の作法 神社お守り パワースポット パワースポット属性 パワースポット相性 パワーストーン パワーストーン種類 パワーストーン付け方 パワーストーン選び方 管理人. パワースポット属性 パワースポット相性. 朝になり儀式が終ると、全員緊張から疲労困憊で、とにかく早く家に帰って眠りたかったので神主さんから「この後」の事を聞いた後拝殿の扉をあけた。 すると、あちこちの木が倒され、神社周辺はそこらじゅうに何十人か何百人かの人の泥だらけの無数の足跡と、神社の壁には何か大きな生物が引っ掻いた引っ掻き傷があり、鳥や狸などを食い荒らした残骸まであったらしい。.

行ってはいけない?怖い神社

んじゃ二社目行きます。 クビになった一社目の宮司さんや 職員も薄々僕がやってないことには気づいてたと思う。 でも実際神社の奉仕に支障も出てたもんだからクビにせざる終えなかったと思う。 その証拠として宮司さんは転職先を紹介してくれた。 それは同じ県内の中規模神社。 なんせ人が足りないから誰でもいいから欲しいとのことだった。. 彼は働く神社次々に三社もクビになってしまう。 理由が全て一緒で「霊感が強すぎた」からだった。 そんな神社をクビになったエピソードや その他の不思議体験、Q&Aなどを紹介します。. 出典 www. 消える人たち 5. ただし、全員が全員その話に賛同したわけでは無く、やはり祟りは恐ろしいということで実際に見に行ったのは10人ほどの集団で、やはり肝試し要素があったので夜中に集まり神社へ向かった。 (神社での一連の話は一緒についていった人から曽祖父が聞いた話。) 神社の境内に入り、拝殿の扉を開け中に入るとこじんまりとした祭壇があり、そこの台の裏に古ぼけた桐の箱が置いてあり紐で厳重に封がされていて、どうやら御神体はその中に入っているらしかった。.

  • 巫女さん ねえねえ、神主さん。 なんで神社の鳥居でちゃんとした作法をしないといけないの? じゃあ逆に聞くが巫女さんは自分の家に無断で入ってくる他人がいたらどう思うのじゃ? 神主さん 巫女さん え?何それ。キモいし怖い。 そりゃそうじゃろう。 神主さん 巫女さん すぐに警察に連絡すると思う。 鳥居というのは神様の家の玄関みたいなものなのじゃ。 神主さん 巫女さん 無断で家に入らないようにするって事? そういう事じゃ。 作法を守るというのは他人の家のインターホンを押すようなもの。 神主さん 巫女さん なるほどね。 いきなり家に入って来られたら嫌な気持ちになるものね。 そういう事じゃ。 だから作法を覚えて守る必要があるんじゃ。 神主さん 巫女さん わかった。 勝手に神様の家に入らないように作法を覚えておくね。 巫女さんなのに覚えてないのは問題じゃぞ、、、 神主さん. そして時代は変わって祖父がまだ生まれる前、明治維新から数年後頃の話。 神社は当時から神主などはおらず、村の寄り合いで地域の有力者などが中心となって掃除や神事などの管理し、たまに他所から神主さんを呼んで神事をしてもらっていた。 また、口伝として残されている話などから、「触らぬ神に祟り無し」ということで、御神体は絶対に誰も触れることなくずっとそのまま存在し続けていた。.
  • ただまぁ初穂料出して頂く限りはやらざるえない。 とりあえずお祓いと祝詞をあげて写真はこちらで引き取る事にした。 次の日に異変は起きた。写真が黒ずんで見える。 顔と足の部分が。 とはいえ僕は新米のペーペーなんで対処の仕様が分からず とりあえず上司のA禰宜に相談した。 僕「Aさん、すみません、、、   昨日の昼の御祈祷の件なんですけどこの写真どう思います?」.

chuugoku-shikoku-powerspot? ww .

いまブロマガで人気の記事

月ほどニートを過ごし、神職6人ほどの中規模神社でのご奉仕が始まりました。 人が少ないこともあり、わりかしオールマイティにこなせば成らず 前の神社よりかハードな日々でした。 また最初はクビの理由も理由だったので冷遇されており 悲しい日々を過ごしてたが気づけば皆に受け入れられ順風満帆な 神主生活を二年近く送っていた。. わかった。 勝手に神様の家に入らないように作法を覚えておくね。. カテゴリ一覧 総合 旬のまとめをチェック ガールズ ファッション,美容,コスメ,恋愛 ニュース・ゴシップ 事件,ゴシップ,スポーツ,海外ニュース エンタメ・カルチャー 映画,音楽,本,マンガ,アニメ おでかけ・グルメ 旅行,アウトドア,デート,カフェ,ランチ 暮らし・アイデア インテリア,ライフハック,家事,節約 レシピ おかず,お弁当,おつまみ,簡単レシピ カラダ エクササイズ,ダイエット,肩こり,健康 ビジネススキル キャリア,転職,プレゼン,英語 IT・ガジェット Webサービス,スマートフォン,アプリ デザイン・アート クリエイティブ,写真,イラスト,建築 雑学 トリビア,不思議,名言,逸話 おもしろ ユーモア,ネタ,癒し,動物,びっくり 定番 過去の人気まとめをチェック.

時間も遅く、日も暮れかけていたので、みんなも家に帰ります。 カナちゃんは、そのままおばあちゃんと手を繋いで帰りました。 その帰り道で歩きながら、おばあちゃんに気絶した時に見た夢の話をします。.

org 1.

北海道釧路市厳島神社の神主ゴーフミのブログです。明日職場や学校で話せる面白い話を書いていきます。twitter@gofumi3

京都の神社の境内 4. 今回の話を専門職の知り合いにした時の意見です。 連続鳥居の稲荷神社は気性が荒い神様がいることが多いから特に注意が必要だとの事。 神様に対して「気性が荒い」と言ったら失礼だと思う方もいるかもしれませんが、神社に祀られる神様は動物や物。天皇の血縁など様々です。 中には悪霊や怨念の類を鎮めるために祀ってる所もあるそうで。. 出典 www. 出典 image.

Twitter Share Pocket Hatena LINE .

特集「怖い話のウラ側」カテゴリーの最新記事

そういう事じゃ。 だから作法を覚えて守る必要があるんじゃ。. わかった。 勝手に神様の家に入らないように作法を覚えておくね。. 西陽の怪異と御札 7. 神主さんが言うには、「今は神様が依代の銅鏡に降りてきているから絶対にあれは拝殿に入れない、だからこちらから外に出なければ絶対に安全」らしく、あとどれくらいかかるか解らないが、暫く我慢してこらえてほしいとのことだった。 それから朝まで儀式は続いたが、その間外からは獣とも人とも区別の付かない笑い声、ざわつく大勢の人の声、何かが歩き回る音やガリガリと壁を引っ掻くような音、朝方になるとあちこちを無差別に叩いて回る音が聞こえてきていたらしい。.

知っておきたい:

コメント

  1. 一社目はさっき言った通り。 神社の基本業務としてあるのが 御祈祷、外祭、巫女がいない時に御朱印とお守り頒布、掃除などがある。 まぁあとは事務仕事なんだけど一社目の神社じゃ新人は外祭に回されるのが伝統になってた。 なので一年目から外祭担当で地域の色々なところに車で行ってやってた。 外祭の主な種類は地鎮祭とか神葬祭、清祓や御霊祭とか。 今思うと二つ目に言ったところが良くなかったんだと思う。. みなそこまで来たところで少し怖気づいてしまい、また、何か妙な胸騒ぎがしたため箱に触れることが出来なかったらしいが、最初に「迷信だ」と言い出したやつが意を決して箱を手に取り、箱を固定していた紐などを解くと蓋を開けた。 中には綺麗な石(どうも勾玉らしい)が3つ入っており、とくにそれだけで何事も無く、急に緊張のほぐれたため逆に気が強くなり、御神体を元に戻しそのまま朝まで拝殿の中で酒盛りをしたらしい。.
  2. org しかしそれらは、誇張された創作であったり、フィルターの掛かった童話や、悪い子を戒めるような子供向けの怪談になっていたりと、後世へ何かを伝えるための物語が残されているのです。 しかし、こう考えたことはありませんか? 場所によっては、何らかの洒落になっていない出来事があって 後世に語り継がれていない怖い話やタブーも存在するのではないかと。 これは、京都の歴史に埋もれたタブーである可能性のある話です。 御札の怪談。 1. この霊は気を引きたいのか今後悪さをします。 それも僕の業務に関わることで。 たとえば朝早いお祭りの時は前日に 神饌は予め組んでおいて当日の朝運ぶことになるのですが それが朝見たら全部崩れて床に潰れて落ちてる、とか 私が担当のお守りの発注先に無言電話がひたすら入ってるとクレームが来たり 僕が使った後のトイレで鏡が割られてたり 宿直で寝てたら人の声がして起きても誰もいないとか 色々業務に支障が出る事象が起こりました。.
  3. んじゃ二社目行きます。 クビになった一社目の宮司さんや 職員も薄々僕がやってないことには気づいてたと思う。 でも実際神社の奉仕に支障も出てたもんだからクビにせざる終えなかったと思う。 その証拠として宮司さんは転職先を紹介してくれた。 それは同じ県内の中規模神社。 なんせ人が足りないから誰でもいいから欲しいとのことだった。. 私もこのお話を文章に起こす際に、記憶にあったこの御札について調べてみると、内容的にもかなり近い情報はいくつか見つけました。 神主さんとのやり取りから察するに、この御札は女の子が大人になっていく不安定な精神状態が、何かによって取り込まれるのを防ぐ神様だったのでしょうか。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 studioe4z.com | 利用規約 | 連絡先 |