中国 王朝 民族

公開日: 12.09.2020

チベット自治区 では歴史的なチベットの主権を主張する ダライ・ラマ の亡命政権が海外に存在し、中国共産党政府が不法な領土占拠をしていると訴えるとともに独立運動が継続されている。中国共産党政府はこれを武力で弾圧し続け、独立運動家への拷問などを行ない、経済的に不利なチベット人の生活も困窮したために、多数の 難民 が隣国の インド に流入した。 年 3月14日 には、チベット自治区 ラサ で、中国政府に対する僧侶や市民の抗議行動が激化し、中心部の商店街から出火、武装警察などが鎮圧に当たり多数の死傷者が出た。 年 に戒厳令が敷かれた時の騒乱以来最大の規模となった。外国メディアだけでなく中国の国営メディア 新華社通信 も報じた。 北京オリンピック に向けた時期に、チベット問題を国際世論に訴えようとするチベット独立派の意図が背景にあるとされる。中国政府は、翌15日から外国人と一般の中国人の自治区入りを禁じる措置をとるとした。 チベット亡命政府 によると確認されただけで死者は少なくとも80人はいると発表された。それと同時に世界各国の中国大使館前でも中国政府への抗議活動が繰り広げられた。.

htm 年3月30日 閲覧。.

辛亥革命により清国が消滅すると、その旧領を巡って中華民国(中国)と西蔵( チベット )・外蒙古( モンゴル )・新疆( 東トルキスタン )の各勢力の間で対立が発生した。. 敵対している中華民国との間にも経済的な交流が進み、両国の首都である北京- 台北 間に直行便が就航するまでになっている。 年 12月 には「 三通 」が実現した。. 中華民国 ( 台湾 ). 但し、党組織の中央集権化と個人経営に懐疑的であった毛沢東はこれを修正主義に陥るものであると見ていた。 年 に毛沢東は「社会主義教育運動」を提唱し、下部構造である「農村の基層組織の3分の1」は地主やブルジョワ分子によって簒奪されていると述べた。これは、劉少奇ら「実権派」を暗に批判するものであった。また、この頃の毛沢東は「文芸整風」運動と称して学術界、芸術界の刷新を計画していたことも、のちの文化大革命の伏線となった。 年 に中国は核実験に成功し、軍事的な自立化に大きな一歩を踏み出した。一方で、 年 にアメリカによる北爆が始まり ベトナム戦争 が本格化すると、軍事的緊張も高まった。.

唐太宗の死後着々と力を付けた太宗とその子の 高宗 の皇后 武則天 はついに 年 政権を簒奪し、中国史上唯一の女皇帝に即位し、国号を周とした。.

12 .

この時、 五胡 と呼ばれる異民族を軍隊として用いたため、これらの民族が非常に強い力を持つようになった。 年 には、五胡の1つである匈奴が晋をいったん滅ぼした( 永嘉の乱 )。これ以降、中国の北方は、五胡の建てた国々が支配し、南方は江南に避難した晋王朝(南に移ったあとの晋を 東晋 という)が支配した。この時期は、戦乱を憎み、宗教に頼る向きがあった。代表的な宗教が 仏教 と 道教 であり、この2つの宗教は時には激しく対立することがあった。. 隋 の 文帝 は、均田制・ 租庸調制 ・ 府兵制 などを進め、中央集権化を目指した。また同時に九品中正法を廃止し、試験によって実力を測る 科挙 を採用した。しかし、文帝の後を継いだ 煬帝 は江南・華北を結ぶ 大運河 を建設したり、度重なる遠征を行ったために財政が逼迫し、民衆の負担が増大した。三回目の 高句麗 遠征に合わせて農民反乱が起き、 年 に隋は滅亡した。日本の 聖徳太子 から 遣隋使 ( 小野妹子 )が送られた。. また、永楽帝によって現在に至るまで世界最大の宮殿である 紫禁城 が北京に築かれた。.
  • 詳細は「 台湾の行政区分 」を参照.
  • 唐の滅亡後、各地で節度使があい争った。この時代を 五代十国時代 という。この戦乱を静めたのが、 年 に皇帝となって 宋 を建国した 趙匡胤 である。ただし、宋が完全に 中国統一 を達成したのは趙匡胤の死後の 年 である。.

常に厳戒態勢を敷く中国

参考文献 『中華帝国の興亡』(黄文雄著・PHP研究所) 『読む年表 中国の歴史』(岡田英弘著・WAC) 『中国文明の歴史』(岡田英弘著・講談社現代新書) 『中国大虐殺史』(石平著・ビジネス社) 『年企業』(日本経済新聞社著, 編集・日経ビジネス人文庫) 『百年続く企業の条件』(帝国データバンク 史料館・産業調査部 編・朝日新書) 『情報亡国の危機 』(中西輝政著・東洋経済新報社 『毛沢東 大躍進秘録』(楊継縄著・文藝春秋) 新興国情報EMeye Bloomberg 中央日報 サーチナニュース 大紀元時報 Wikipedia. 中国の歴史 (ちゅうごくのれきし)、あるいは 中国史 (ちゅうごくし)とは、 中国 または 中国大陸 における 歴史 のこと。.

史記では伝説と目される 三皇五帝 の時代に続き、最初の王朝国家として夏朝が創始された。しかし、その実在性については議論が存在する。. 唐は、新羅と連合( 唐・新羅の同盟 )し、高句麗・百済を滅亡させ、朝鮮半島を州県支配しようとしたが、新羅の抵抗にあい( 唐・新羅戦争 )、朝鮮半島から撤退したため、願いは叶わなかった。. 詳細は「 台湾の国際関係 ( 英語版 ) 」を参照.

  • 東トルキスタン(新疆)では、 19世紀 中に統治機構の中国化が達成されていた。即ち、 旗人 の3将軍による軍政と地元 ムスリム によるベク官人制に代わり、 新疆省 を頂点として省内を府、州、県に行政区画した各地方に 漢人 科挙 官僚 を派遣して統治する体制である。そのため、辛亥革命時、東トルキスタンでは地元ムスリムがチベットやモンゴルと歩調をあわせて自身の独立国家を形成しようとする動きはみられず、新疆省の当局者達は速やかに新共和国へ合流する姿勢を示した。.
  • 詳細は「 ネルチンスク条約 」、「 理藩院 」、「 雍正のチベット分割 」、「 キャフタ条約 年 」、「 改土帰流 」、「 アヘン戦争 」、「 アロー戦争 」、「 日清戦争 」、および「 義和団事変 」を参照.

14. 12 ?

「民族独立」を認めない理由

華北 の浸透王朝の歴史 ( 五胡十六国 ~ 北朝 ). 現在の 陝西省 あたりにあった 秦 は、戦国時代に着々と勢力を伸ばした。勢力を伸ばした背景には、厳格な法律で人々を統治しようとする 法家 の思想を採用して、富国強兵に努めたことにあった。 秦王政 は、他の6つの列強を次々と滅ぼし、 紀元前年 には史上はじめての 中国統一 を成し遂げた。秦王政は、自らの偉業をたたえ、王を超える称号として 皇帝 を用い、自ら 始皇帝 と名乗った。. 国民政府 においては基本的に国民党の 一党独裁 の立場が貫かれた。しかし一般党員の数は50万人以下であったとされており、人口が4億を超えると推測されていた中国国民の中ではかなり少数であった(そもそも大多数の国民が「 国民 」として登録されておらず、更に 文盲 の者も多かった)。その為、支配基盤が完全とは程遠く、土地税を中心として地方政権の財源を確保する国地画分政策が実施され、 かつての軍閥 による割拠的傾向がいまだに強い地方勢力に配慮するようなこともなされた。. 北方では、 鮮卑 族の王朝である 北魏 が台頭し、 年 には、華北を統一した。 年 に即位した 孝文帝 は漢化政策を推し進めた。また、土地を国家が民衆に割り振る 均田制 を始め、 律令制 の基礎付けをした。しかし、このような漢化政策に反対するものがいたこともあり、北魏は、 西魏 と 東魏 に分裂した。西魏は 北周 へと、東魏は 北斉 へと王朝が交代した。 年 には 北周 が 北斉 を滅ぼしたが、 年 に、 鮮卑 系の隋が 北周 にとって代わった。 年 に、隋は 陳 を滅ぼし、 中国統一 を達成した。.

2 2. : Wikipedia.

永楽帝の死後、財政事情もあって、明は海禁政策をとり、貿易を著しく制限することとなる。このとき永楽帝を引き継いで、鄭和のようにずっと積極的に海外へ進出していれば、ヨーロッパのアジア・アフリカ支配も実現しなかっただろうと多くの歴史家は推測する。その後、モンゴルが再び勢力を強めはじめ、 年 には皇帝がモンゴルの捕虜になるという事件( 土木の変 )まで起きた。. 華北 の浸透王朝の歴史 ( 五胡十六国 ~ 北朝 ) 秦 東胡 濊貊 粛慎 前漢   匈奴 後漢 烏桓 鮮卑 夫余 高句麗 沃沮 挹婁 魏 西晋 慕容部 宇文部 高句麗 前燕 前秦 後燕 北燕 北魏 契丹 奚 室韋 勿吉 東魏 北斉 北周 隋 靺鞨 唐 渤海 征服王朝 の歴史 ( 遼 ・ 金 ・ 元 ・ 清 ) 遼 ( 契丹 ) 女真 東丹国 定安 遼 金 金 東遼 大真国 元 明 明 後金 ( 女真 ・ 満州 ) 清 中国朝鮮関係史 Portal:中国 征服王朝 (せいふくおうちょう、Conquest Dynasty)とは、 中国史 における用語であり、 漢族 以外の 民族 によって支配された 王朝 を総称して、こう呼んでいる。ただし、この語をもって呼ばれるのは、 遼 ・ 金 ・ 元 ・ 清 の4王朝であり、 五胡十六国 の諸国や 北朝 は「 浸透王朝 」という用語で定義され、征服王朝とは呼ばれない。4王朝のうち中国全土を支配したのは後二者のみであり、金は北半分のみ、遼に至ってはほぼ辺境王国に近いが、現在の北京などを含む重要区域に食い込んで多数の漢民族を長期間支配したため同列に扱われる。 目次.

中華民国は、清の 継承国 として滅亡時点の旧清領全域の 領有権 を主張した。これに対して、西蔵・外蒙古・新疆は、自分たちは 清朝の皇帝 に服属していたのであって中国という国家に帰属するものではなく、服属先の清帝退位後は中国と対等の国家であると主張してそれぞれ自領域の独立を目指す動きを強めた。.

19 3. 23641589710    68263353 9 .

日本が世界のリーダーとなるために、邪悪なるものを批判し、「地球的正義」を探求してゆきます。強く美しく豊かな日本であれ!

世祖 至元 27年( 年 ). 毛沢東 の死後、一旦 華国鋒 が権力を継承したが、 年 12月 第11期三中全会 で 鄧小平 が政権を掌握した。鄧小平は、政治体制は 共産党 一党独裁 を堅持しつつ、 資本主義 経済導入などの 改革開放 政策をとり、近代化を推進した( 社会主義市場経済 、 鄧小平理論 )。この結果、 香港 ほか日米欧など 西側諸国 の外資の流入が開始され、中国経済は離陸を始めた。. この時、 五胡 と呼ばれる異民族を軍隊として用いたため、これらの民族が非常に強い力を持つようになった。 年 には、五胡の1つである匈奴が晋をいったん滅ぼした( 永嘉の乱 )。これ以降、中国の北方は、五胡の建てた国々が支配し、南方は江南に避難した晋王朝(南に移ったあとの晋を 東晋 という)が支配した。この時期は、戦乱を憎み、宗教に頼る向きがあった。代表的な宗教が 仏教 と 道教 であり、この2つの宗教は時には激しく対立することがあった。.

5 30 .

知っておきたい:

コメント

  1. Yoshikazu
    平帝 元始 2年( 2年 ).

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 studioe4z.com | 利用規約 | 連絡先 |