源氏 物語 光る 君 誕生 問題

公開日: 04.07.2020

空蝉にうつつを抜かしていたころ、源氏は六条に住む高貴な女の所に忍んで通っていた。宮中から六条に向かう途中、源氏は夕顔の咲く家に住む女(夕顔)と知り合う。折しも六条の高貴な女との関係に気詰まりを感じていた源氏は、この女に耽溺していく。   近所の声が聞こえるような家での逢瀬に嫌気が差した源氏は、女を廃院に連れ出す。その夜、源氏は物の怪に襲われるような夢を見て、目を覚ます。源氏は魔除けをさせたが、正気を失った夕顔はそのまま息を引き取った。.

詳細は「 新源氏物語 田辺聖子 」を参照. その後、江戸時代に入ると版本による『源氏物語』の刊行が始まり、裕福な庶民にまで広く『源氏物語』が行き渡るようになってきた。「 慶長古活字版 」「 伝嵯峨本 」や「 元和本 」のような 無印源氏 ・ 素源氏 と呼ばれるようなものからはじまり、「 絵入源氏物語 」「 首書源氏物語 」「 源氏物語湖月抄 」と次々と出版されていった版本の本文は、当時、もっとも有力であった広い意味での「青表紙本」系統の三条西家系統の本文に、さらに「河内本」や「別本」からの混入がみられる本文であった。写本や版本によって本文が異なることはこの時代すでに知られており、本居宣長などもその点についての指摘を行ったこともあるが、本格的な本文研究に進むことはなかった。この時代、良質な写本の多くは大名や公家、神社仏閣などに秘蔵されており、どこがどのような写本を所蔵しているのかということすらほとんどの場合明らかではなかったため、複数の写本を実際に手にとって具体的に比較することは事実上不可能であった。.

朱雀院への行幸に先立ち、身重の藤壺に気遣って宮中で試楽が催された。源氏は頭の中将と青海波を舞い激賞されるが、藤壺は言葉少なに褒めただけだった。出産のため三条宮に退出した藤壺は、さらに源氏を遠ざける。源氏の思いは藤壺に似る紫の上に向けられていく。このため葵の上との仲はいっそう遠くなった。   藤壺が出産をした。源氏の生き写しの皇子を前にして、藤壺は恐れおののくが、事実を知らない帝は皇子の誕生を手放しで喜んだ。   そのころ源氏は源典侍という好き者の老女と関係を持った。それを知った頭の中将も源典侍に通う人となる。ふたりは老女をだしにしてふざけあった。. 父宮の薨去により朝顔の姫君は斎院を退き、桃園の宮で暮らしていた。姫と同居する女五の宮の見舞いにかこつけて邸を訪問した源氏は朝顔の姫君に恋心を訴えるが、姫君は聞こうとしない。   世の人々は源氏と姫君のことを理想のふたりだと噂をする。それを聞いた紫の上は、さしたる後見のない自分の身と前斎宮である姫君をくらべ強い不安を覚える。   源氏の求愛を聞くことなく朝顔の姫君は勤行に明け暮れる。あきらめきれない源氏だが、紫の上を放っておくこともできず弁明に明け暮れる。雪が降る中、源氏と紫の上が女性論を交わしていると、藤壺の宮が源氏の夢枕に立ち、秘密の漏洩を深く恨んだ。.

女三の宮のことが忘れられない柏木は、東宮に頼み、女三の宮の猫を借り受ける愛玩する。   四年の月日が流れた。冷泉帝は東宮に譲位し、明石の女御が産んだ皇子が東宮となった。女三の宮は二品に叙され、源氏はますます丁重に扱う。明石の君、女三の宮と比して、自分の立場の心細さを痛感する紫の上は出家を志す。   女三の宮との対面を望む朱雀院のため、源氏は朱雀院の五十の賀を計画する。それに備えて、源氏は女三の宮に琴を教授する。年が明け、院の賀に先立ち、源氏は六条院の女性たちによる女楽を催した。その直後、紫の上は重病に伏し、二条院に移される。源氏は紫の上につきっきりで看護にあたった。   柏木は女三の宮の姉(落葉の宮)を妻としていたが、女三の宮に固執していた。源氏不在に乗じて、柏木は小侍従の手引きで女三の宮と密通する。そのころ紫の上は重体に陥る。調伏を続けると六条御息所らしき霊が現れ源氏は慄然とするが、紫の上はなんとか息を吹き返す。   紫の上は小康状態を保ち、源氏は六条院に戻る。そこで女三の宮の懐妊を知り不審に思う。源氏は女三の宮の部屋で柏木の手紙を見つけ、事の次第を知る。真相を知られたことに気づいた柏木は焦燥のあまり、病に倒れる。    延期が続いていた朱雀院の五十の賀の試楽が行われた。病をおして出席した柏木は、源氏から痛烈な皮肉を浴びせられ、重病に伏す。柏木不在のまま十二月に賀が催された。.

三部構成説に対して、以下のような四部構成説も唱えられている。論者によって区切る場所や各部分の名称がさまざまに異なっている [30] 。. 鎌倉時代 以前には、『源氏物語』は「雲隠」を含む37巻と「並び」18巻とに分けられており、並びの巻を含めない37巻という数え方が存在し、さらに、宇治十帖全体を一巻に数えて全体を28巻とする数え方をされることもあった。37巻とする数え方は仏体37尊になぞらえたもので、28巻とする数え方は 法華経 28品になぞらえたものであると考えられている。これらはいずれも数え方が異なるだけであって、その範囲が現在の『源氏物語』と異なるわけではない。.

. 1b2aaabb [66] [67] ? [46] [47] [48] [49] [50].    . 37183728373728 28.

第1期においては、『源氏物語』は上流下流を問わず貴族社会で面白い小説として広く読まれた。当時の一般的な上流貴族の姫君の夢は、後宮に入り帝の寵愛を受け 皇后 の位に上ることであったが、『源氏物語』は帝直系の源氏の者を主人公にし、彼の住まいを擬似後宮にしたて女君たちを分け隔てなく寵愛するという内容で彼女たちを満足させ、あるいは、人間の心理や恋愛、美意識に対する深い観察や情趣を書き込んだ作品として貴族たちにもてはやされたのである。この間の事情は菅原孝標女の『 更級日記 』に詳しい。. 阿部秋生 は、『 伊勢物語 』『 竹取物語 』『 平中物語 』『 うつほ物語 』『 落窪物語 』『 住吉物語 』など当時存在した多くの物語の加筆状況を調べたうえで、「そもそも、当時の『物語』はひとりの作者が作り上げたものがそのまま後世に伝えられるというのはむしろ例外であり、ほとんどの場合は別人の手が加わった形のものが伝えられており、何らかの形で別人の手が加わって後世に伝わっていくのが物語のとって当たり前の姿である」として、「源氏物語だけがそうでないとする根拠は存在しない」との見解を示した [45] 。. 右大臣家の台頭、女性たちとのはかない関係から源氏は厭世を強めていく。そんな折、源氏は故桐壺帝の女御であった女性の邸を訪れる。女御の妹(花散里)と源氏はかつて宮中でほのかな関係があり、姉妹は源氏を頼りに暮らしていた。   邸へ向かう途中源氏は、昔なじみがあった中川のほとりに住む女に歌を届けさせたが、返事はつれないものだった。   落ち着いた雰囲気につつまれた女御の邸で、源氏は女御と故桐壺帝のことを回想し、その後、花散里を訪ねた。花散里は源氏の不在を責めることなく、穏やかに語り合った。.

一方、仏教が浸透していくなかで、「色恋沙汰の絵空事を著し多くの人を惑わした紫式部は 地獄 に堕ちたに違いない」という考えが生まれ、「 源氏供養 」と称した紫式部の霊を救済する儀式がたびたび行われた。のちに 小野篁 伝説と結びつけられた。また、 香道 の流行にともなって、「 源氏香 」「 香の図 」といった本書に由来する呼称が発生した。. 源氏物語の成立年代は、平安時代中期で、年に文献として公に出版されたといわれています。 年以上前に成立した作品ですが、今もその魅力は色あせず、数々の謎も残されたままです。. 下級 貴族 出身の 紫式部 は、20代後半で 藤原宣孝 と結婚し一女をもうけたが、結婚後3年ほどで夫と死別し、その現実を忘れるために物語を書き始めた。これが『源氏物語』の始まりである [2] 。当時は 紙 が貴重だったため、紙の提供者がいればその都度書き [3] 、仲間内で批評し合うなどして楽しんでいたが [4] 、その物語の評判から 藤原道長 が娘の 中宮 彰子 の家庭教師として紫式部を呼んだ [5] 。それを機に宮中に上がった紫式部は、宮仕えをしながら藤原道長の支援の下で物語を書き続け、54帖からなる『源氏物語』を完成させた [3] [6] 。.

源氏の初めての正妻です。 姉さん女房で夫婦円満ではありませんでしたが夕霧が誕生したことにより夫婦仲が改善します。 しかし、この二人の関係に嫉妬した六条の御息所の生霊に呪われ死んでしまう悲劇の人です。 下記の記事では、源氏物語の葵のあらすじについて紹介しています。 ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。. 詳細は「 源氏物語の古注釈書の一覧 」を参照.

六条院への行幸後、病にかかり強く出家を望む朱雀院は、愛娘の女三の宮の行く末だけを気にかけていた。あれこれと候補者を考えた末、朱雀院は姫を源氏に託す決心をする。一度は固辞した源氏だが、正妻として姫を受け入れる。紫の上の心は激しく揺れるが、かろうじて冷静さを保っていた。   年が明け、玉鬘が源氏の四十の賀を催す。   二月中旬、女三の宮が六条院に迎えられた。源氏は紫の上とくらべ、あまりに幼い女三の宮にあきれ果てる。紫の上の苦悩は絶えず、その重苦しさから逃れるように、源氏は朧月夜を訪問する。   明石の女御が懐妊し、六条院に下がった。これを機に紫の上は女三の宮と対面し、六条院の秩序の維持に努める。   翌年三月、明石の女御は男児を出産。宿願をかなえた明石の入道は、山に入り、消息を絶つ。   春うららかな日、六条院で蹴鞠が催された。偶然にも猫が御簾を引き上げ、柏木が女三の宮を垣間見、懸想する。.

. [13] [14].         .

源氏物語 光る君誕生(桐壺・光源氏の誕生)1 品詞分解と訳

池田亀鑑の解説を加えたものが、年10月から年8月にかけて『全訳源氏物語』として、全9冊で 角川文庫 から出版されており、年8月から年2月にかけて全3冊に合本・改版され重版した。年に 源氏物語千年紀 を記念し、『新装版 全訳源氏物語』全5冊に改版された。ほかに、年には日本社から日本文庫で、年には三笠文庫( 三笠書房 )で、年(新装版、年)には 河出書房新社 の日本古典文庫で、年には 勉誠出版 刊の『鉄幹 晶子全集』の第7巻および第8巻として、年から年に舵社からデカ文字文庫と、多くの出版社から刊行されている。これらとは別に、最初の訳書も、後年の翻訳より読みやすいといった評価があったことから、年に角川書店から単行本が出版され、年には、『与謝野晶子の源氏物語』( 角川文庫ソフィア )全3冊で出版された。双方の訳書とも年5月29日に与謝野が死去したため、年に著作権の保護期間が満了しており、パブリック・ドメインで利用できるため青空文庫などに収録されている。.

源氏物語はその有名さ故、数々の現代語訳が存在します。 また最近では、漫画「あさきゆめみし」や映画「源氏物語 千年の謎」などをのように漫画化、映画化もされています。 難解な古典作品が理解しやすい形に昇華されています。 源氏物語を知るのによいきっかけとなるでしょう。 また、京都には源氏物語に特化した「宇治市源氏物語ミュージアム」博物館などもあるので、ぜひ様々な場面で源氏物語に触れてみてください。. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.

1089 823 5 78 3529. [68] [69] [70]. 85 110.

大学入試・センター試験の受験古文を、「源氏物語」イラスト訳により楽しく効率的に勉強できます。逐語訳・解釈・古語知識からのアプローチで、古文の力が飛躍的に伸びる無料教材です♪

古 写本 は題名の記されていないものも多く、記されている場合であっても内容はさまざまである。『源氏物語』の場合は冊子の標題として「源氏物語」ないしそれに相当する物語全体の標題が記されている場合よりも、それぞれの帖名が記されていることが少なくない。こうした経緯から、現在において一般に『源氏物語』と呼ばれているこの物語が、書かれた当時の題名が何であったのかは明らかではない。古い時代の写本や注釈書などの文献に記されている名称は大きく以下の系統に分かれる。. いかがでしたか? 源氏物語は人間社会に普遍的な愛、血縁、複雑な人間関係を鮮やかに描き出した作品です。 そのため、年の月日が流れた今でも、この物語は新鮮さをもって語り継がれます。 古典作品ですが、決して古いと感じさせないところがこの作品の魅力であり、紫式部の鋭い視点といえるでしょう。 今回は冒頭文だけの紹介でしたが、ぜひ冒頭だけにとどまらず、作品全体を楽しんでくださいね。 また、下記の記事では紫式部について紹介しています。 ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。.

現代では冗談半分で、『源氏物語』と純愛ものの アダルトゲーム や ハーレムアニメ とのストーリーの類似性が指摘されることがあるが、「『源氏物語』は猥書であり、子どもに読ませてはならない」という論旨の文章はすでに室町時代や江戸時代に存在している。.

. : 11 .

ベストアンサーに選ばれた回答

いかがでしたか? 源氏物語は人間社会に普遍的な愛、血縁、複雑な人間関係を鮮やかに描き出した作品です。 そのため、年の月日が流れた今でも、この物語は新鮮さをもって語り継がれます。 古典作品ですが、決して古いと感じさせないところがこの作品の魅力であり、紫式部の鋭い視点といえるでしょう。 今回は冒頭文だけの紹介でしたが、ぜひ冒頭だけにとどまらず、作品全体を楽しんでくださいね。 また、下記の記事では紫式部について紹介しています。 ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。. 典拠管理 WorldCat Identities BNF : cbg データ GND : LCCN : n NDL : VIAF : 紫式部 (詳細は 作者 を参照)の著した、通常54帖(詳細は 巻数 を参照)よりなるとされる [15] [16] 。写本・版本により多少の違いはあるものの、おおむね万文字・22万文節 [17] 字詰め原稿用紙で約2,枚 [18] に及ぶ。およそ名近くの人物が登場し [19] 、70年あまりの出来事が描かれた長編で、首弱の 和歌 を含む典型的な王朝物語である。物語としての虚構の秀逸、心理描写の巧みさ、筋立ての巧緻、あるいはその文章の美と美意識の鋭さなどから、しばしば「古典の中の古典」 [20] [21] と称賛され、 日本文学 史上最高の傑作とされる。.

江戸時代 に入ると、版本による源氏物語の刊行が始まり、裕福な庶民にまで『源氏物語』が広く普及することになった。江戸時代後期には、当時の 中国文学 の流行に逆らう形で、設定を 室町時代 に置き換えた通俗小説ともいうべき『 偐紫田舎源氏 』( 柳亭種彦 著)が書き起こされた。伝統的な図式の「 源氏絵 」は、さまざまな画派により挿絵入りの版本『 絵入源氏物語 』や浮世絵に描かれた。また、 歌舞伎 化され、世に一大ブームを起こしたが、 天保の改革 であえなく断絶した。.

9 [] [] ?

知っておきたい:

コメント

  1. ウィキソースに 源氏物語 の原文があります。. 与謝野晶子 は、それまでと同様に『源氏物語』全体を2つにわけたが、光源氏の成功・栄達を描くことが中心の陽の性格を持った「桐壺」から「藤裏葉」までを前半とし、源氏やその子孫たちの苦悩を描くことが中心の陰の性格を持った「若菜」から「夢浮橋」までを後半とする二分法を提唱した [27] 。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 studioe4z.com | 利用規約 | 連絡先 |