火葬 場 にまつわる 怖い 話

公開日: 09.07.2020

ウォルフガングあすたろと 約1年前. 響魔電 約1年前. 死者が眠る墓場や火葬場には、独特の怖さがある。それは世界共通の認識である。墓場から死者が蘇るとか、 ゾンビ になって人々を襲うといった話は、いつの時代にも存在する 都市伝説 であり、例え作り話とわかっていても恐ろしいものだ。.

ヒムやん 約1年前. mishiria 約1年前. 白刹(ハク) 約1年前. 怖かった みなさんすごいこと体験してますね ・・;. 俺も一緒に笑い、男が カエデ の木の下にある別の墓のほうへ歩いていってまた花に水をやるのを見ていた。俺は仲間たちのほうへ戻って、訊いてみた。幽霊の存在を信じていたからだ。「なあ、 フランク 、あの男は本当に あそこ にいる?」. 何が怖いって、火葬場の職員は遺体の燃え具合を逐一確認しなけりゃならん…と聞いた時がオレは一番怖かったがな 苦笑 遺族に生焼けや全て灰になった遺体を見せるわけにはいかんからだそうだ。.

photo by pixa bay. JACKvsEvanje 1.

更新日: 年10月18日. 俺も一緒に笑い、男が カエデ の木の下にある別の墓のほうへ歩いていってまた花に水をやるのを見ていた。俺は仲間たちのほうへ戻って、訊いてみた。幽霊の存在を信じていたからだ。「なあ、 フランク 、あの男は本当に あそこ にいる?」. 事情を 話したら 、 火葬が 出来なくて 男性の 遺体が 入っ てる んだよ … と 言われました 。 その 瞬間 ゾッと しました 。 一体 私に 何を 伝えたかった のか … そして 、 朝を 迎えて 焼かれる のを 嫌がっ てて 暑いですね 。 と 言って きた のか 謎でした 。 恐怖と 悲しさが 混ざった 感覚に 襲われました 。.
  • 老 フランク があんなにぎょっとするのを見たことがなかった。彼は言う。「あの墓はひとつで、まだ掘られてもいない。墓石があるはずがない」. 老 フランク は答えた。「べつにおかしなことはない。もちろん、彼は あそこ にいるよ」俺は笑って、もう一度、その方向を見てみたが、今度は男の姿はもうなかった。.
  • 野良 約1年前. 火葬場で私も忘れる事の出来ない体験をしました。 私の祖父母が住んでいた 山形県の家は 玄関を開けると 目の前には田圃が広がり その先には 古い火葬場がありました。 毎年遊びに行っていても その景色に慣れる事は出来ませんでした。 それから 数年。 私も成長し 久しぶりに行ったのはお盆に行われた祖父の13回忌でした。 真新しくなった火葬場。 駐車場などなかったのに 新設されていました。 夜 小さな従姉妹たちの花火に付き合うため 外に出ました。 すると… 人の気配を感じました。 白いシャツにズボン。 みんな 同じ格好をしていて手には提灯を提げていました。 そして 真っ直ぐ 火葬場の中に入っていきました。 こんな時間に いやいや。 その前に あの人達が歩いてきた方向はお墓… そして お墓に向かう道は砂利道… なぜ 足音ひとつ聞こえなかったんだろう。 なぜ 扉を開けることなく 火葬場に入っていけたのだろう。 そして なぜ… 姿は見えるのに 顔だけは見えなかったんだろう。 あまりにハッキリと見えたので 最初は本当に生きている人だと思ったぐらいです。.

とにかく怖い話。のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

当時の ガールフレンド で、現在は私の妻になった女性が、墓地に残って仕事をしていた私に夕食を届けるため、 午後8時 頃、立ち寄ってくれた。. コミュ内全体 コミュニティ内全体 トピック イベント アンケート. 怖かった みなさんすごいこと体験してますね ・・;.

月乃姫 約1年前. ハンサム・ジャック JACKvsEvanje. 説明を求めると、彼もあの場所で、 コーヒー マグを持って、家族の墓を 見つめて いる老紳士をいつも見かけるのだそうだ。. 奇妙な光景や 不気味 なものを見た、説明のつかない出来事を体験したなど、現場で働く人ならではのゾクっとする恐怖体験をしているようだ。.

spin 1.

火葬場に纏わる怖い話

頭ぺこり下げたのなら感謝されたのかなー。 迷うたびに出口を教えてあげたいです. そこには何 もなか ったのだ。墓石も何も。. 一番近い木でも6 メートル は離れているから、それはありえないと指摘すると、彼女は真っ青になった。. 自分も昔火葬場で恐ろしい体験をしましたよ。 斎場でしたっけ?あのお通夜と火葬がいっぺんに出来る施設。 小さい時に、駐車場が広いと言うのでお母さんと、自転車の練習をしにいったんですよ。 そしたら多分ちょうど火葬中でしょう煙突から煙が出てました。 気にせずに練習をしていたら火葬場の裏の方から、おじいちゃんが手招きしてるんですよ。 なんだろうと思いながらも、練習をしてたんです。 すると今度はだんだん近づいて来たんです。 気になり、お母さんにあのおじいちゃん誰?って聞いたら、おじいちゃんはもうすでにいなくなってたんです。 遺族が火葬場から出てきて、骨壺の入った箱と、故人の遺影を持って出てきたんです。 するとその遺影がさっき手招きをしていたおじいちゃんだったんです.

Copyright C mixi, Inc.

この記事が入っているマガジン

私の家族は5世代近く墓地を所有してきた。私も 12歳 のときから、墓地で働いている。敷地内の管理棟から30 メートル ほど後方に住居があった。. これは 祖父が 亡くなった 際に 実際に 体験した 話です 。 私が 高校生だった 時の 話です 。. 棺の蓋がはずれて、右側の底が見えた。そこには横たわった 子ども の足が見えた。黒い ズボン に白い靴だった。.

  • あろえ 約1年前.
  • その日、最後の見回りの途中だった。ひとりの老婦人が霊廟の脇の歩道を ゆっくり と歩いていた。その霊廟はとても大きなものだったが、中に入り込むことはできない。歩道は まっすぐ 霊廟に沿って続いている。.
  • シアン 約1年前.
  • ヨシボー 約1年前.

… ….

火葬場内をウロウロする魂

深夜 12時を 回った 所、公衆電話で 電話を掛けるため 火葬場エリアを 通らなきゃ いけませんでした 。. 市に売ったもっとも北の端の エリア に取り掛かったとき、出てきた棺はやけに軽かった。中の遺体が滑って片側に寄り、側面に当たる音がしていたが、その音もだんだんかすかになり、残りの20ほどの棺にはなにも入っていない様子だった。. つる 約1年前. 私の家族は5世代近く墓地を所有してきた。私も 12歳 のときから、墓地で働いている。敷地内の管理棟から30 メートル ほど後方に住居があった。.

22 …… … .

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 studioe4z.com | 利用規約 | 連絡先 |