戦国 時代 結婚

公開日: 27.06.2020

姫の結婚生活 姫の養育を担当した乳母は、共に嫁ぎ先へ同行し、そこで夫人となった姫の日常の世話を行います。 淀殿の乳母だった大蔵卿局 や、 千姫の乳母だった刑部卿局 などが歴史上名が知られていますね。 また輿入れの行列が豪華であったことも知られており、武田家から北条氏政へ嫁いだ 黄梅院 の行列には、 なんと1万人もの人数が同行していたそうです。 別の見方をすれば、そのような豪華な行列を組むことで、己の力の強さを誇示するという意味合いもありました。 輿入れしてからは、旦那様と仲良く暮らし、平穏無事な人生を送る姫もいましたし、そうでない姫もいました。 黒田官兵衛 や 蒲生氏郷、吉川元春 などは生涯一人の妻と仲睦まじく暮らしましたし、細川忠興の妻ガラシャや徳川家康の妻 築山殿 のように非業の死を遂げた姫たちもいました。 家のために嫁いだ妻ですから、子供を産むことが最優先されました。それでもせっかく嫡子が出来たとしても早世するのが珍しくない時代でしたから、正室自身が側室を推挙したりということもよくあったようです。といっても正室と側室の間には厳然たる格差がありましたから、 いくら側室の子が先に生まれようと、正室が産んだ男子のほうが絶対的に優先だったのですね。 実際には次男で生まれた徳川秀忠が跡継ぎになれたのも、そういった理由があったからに他なりません。.

芸能人ブログ 人気ブログ Ameba新規登録 無料.

ニュース COVID 歴史 日本史 弥生&古墳時代 縄文時代 飛鳥時代 平安時代 鎌倉時代 南北朝時代 室町時代 戦国時代 安土桃山時代 江戸時代 幕末明治 西郷どん 大正&昭和 西洋史 中国史 三國志 歴史ランキング 生活 飲食 乗り物 地理 海外 イベント 思想、哲学、心理学 宗教 教育 掃除 施設 エンタメ ミリタリー 音楽&芸術 行ってみた IT&ファイナンス 仮想通貨 政治,経済 IoT WordPress 不思議 誕生日石&花(日) オカルト 神話、物語 人物 UMA 古代文明 オーパーツ 恐竜 宇宙 UFO,宇宙人 ホラースポット 【漫画】キヒロの青春.

もちろん出産後も、三夜、五夜と産後の行事は続き、姫の健やかなる発育を祈願します。当時は産んだ母親が姫を育てるのではなく、 乳母 がその役目を負っていました。乳母は主に家臣の妻女が担当しますが、独身の乳母も存在しており、 養育とともに姫の教育も担っていたといえるでしょう。. しかし一方で、戦国大名は確実に男の子を作って、跡継ぎを確保しなければなりません。それが「家存続」のための至上命令です。正室だけだと子供を産めないかも知れないし、家同士が中悪くなって離縁する羽目になるかも知れません。 だから、側室というものが不可欠なのです。側室も「妻」であり、「愛人」とは全然違うものです。好いた惚れたで置くものではなく、「跡継ぎを確実に作るため」にいます。.

幼い頃にすでに結婚相手が決まっている場合もありましたが、おおむね 12~15歳の頃に嫁ぐのが一般的でした。 当時の日本人の平均寿命が短いだけに、現在からみれば早婚の傾向が顕著だったといえるでしょう。それゆえに幼い頃からの教育や習い事は不可欠で、嫁ぐまでの10年足らずの間に、スパルタ的な詰め込み教育が必要だったということになりますね。.

戦国大名の結婚というのは、すべて家と家との同盟であり、政略結婚です。ドラマや小説の中ではみんな恋愛して結婚してるように描いてますけど、実際には、この時代、恋愛結婚などという概念は一切ありません。 仲良くしたい隣の大名から娘をもらい「正室」にする、これがいちばん確実な同盟締結です。. もし、あとからお市が男子を産めば、そちらが嫡男になり、側室が産んだ子はたとえ兄でもその家来になります(家来の家に養子に出されたりします)。しかし結局お市は男子を産まなかったので、側室の産んだ男子を名目上お市の養子にして、跡継ぎにした、それが万福丸だ、と考えられます(なので、「清須会議 」で鈴木京香が大泉洋を「息子を殺した」と恨んでいたのは、たぶん、間違いです)。 戦国時代の結婚制度は、現代とまるきり違います。正妻がいなくなったら側室が繰り上がる、というものでもありません。 大河「真田丸」で、真田信幸(大泉洋)の妻が、正室から側室に格下げになる、という話がありました。これは例外というかイレギュラーな出来事ではありますが、戦国時代あたりの混乱期にはときどきありました。 真田家がまだ「土豪」という程度の領主だった時代に親戚から迎えた妻が、今の長野里美です。この時点では、側室を置くほどの家ではないので、いちいち「正室」なんて言う呼ばれ方はしなかったでしょう。.

URL!

新しい同盟を結ぶ場合、前の妻が離縁されることはよくあります「軍師官兵衛」で、黒田長政(松坂桃李)の妻(蜂須賀小六の娘、高畑光希)が理不尽に離縁されてたのをご記憶でしょうか。あれも、長政が新しい正妻に徳川家康の養女 吉本美憂 を貰うことになったため、元の正妻が「押し出された」んです。 しかし、長野里美は、吉田羊に比べて家柄がはるかに下だったため、追い出すまでもない、ということで、「妻」のまんま置いておかれたのでしょう。追い出されなかっただけ良かった、というより、意外と彼女の境遇は実質何も変わらなかったのかも知れません。このへん、どっちにせよ詳しい詳細は分かっていませんが、皆様のNHKは「昔の人は何人も同時に妻がいてあたりまえ」という事実をあまりアカラサマに描きたがらない傾向にあります(大河は家族揃って見るものだから、です)。 側室は形式上は正室の家来です。 「正室から側室に格下げになった」と言っても、長野里美はもともと大名家の正室になるような家柄の出身ではなかった、というふうに理解したほうがいいかも知れません。 弟の信繁(堺雅人)は、秀吉に仕えていた時代に、大谷吉継(吉の字を貰ってるくらいだから、秀吉お気に入りの家臣です)の娘を妻に迎えていますが、これだって立派な政略結婚です。信繁はすでに単なる次男坊ではなく、秀吉の直臣となり、分家して、小なりといえ一大名として遇せられていた、と考えられます。きり(長澤まさみ)も、梅(黒木華)も、真田の家来の土豪の娘ですから、身内で結婚しても同盟強化の役にはなりません。大名の正室、というものになるには身分不足なんです。. 関連記事 島津義久 〜それぞれ優秀な弟たちを束ねた島津4兄弟の長兄 高橋紹運について調べてみた【立花宗茂の実父】 豊臣秀次は本当に無能だったのか調べてみた 戦国時代の食事について調べてみた 伊達政宗(独眼竜)が描いた「100万国の夢」 若くても地方移住は夢じゃない【人気の移住先5選】 足利義輝について調べてみた【武勇に優れた剣豪将軍】 人気記事. この記事が気に入ったら いいね!
  • 幼い頃にすでに結婚相手が決まっている場合もありましたが、おおむね 12~15歳の頃に嫁ぐのが一般的でした。 当時の日本人の平均寿命が短いだけに、現在からみれば早婚の傾向が顕著だったといえるでしょう。それゆえに幼い頃からの教育や習い事は不可欠で、嫁ぐまでの10年足らずの間に、スパルタ的な詰め込み教育が必要だったということになりますね。.
  • 家のために嫁いだ妻ですから、子供を産むことが最優先されました。それでもせっかく嫡子が出来たとしても早世するのが珍しくない時代でしたから、正室自身が側室を推挙したりということもよくあったようです。といっても正室と側室の間には厳然たる格差がありましたから、 いくら側室の子が先に生まれようと、正室が産んだ男子のほうが絶対的に優先だったのですね。 実際には次男で生まれた徳川秀忠が跡継ぎになれたのも、そういった理由があったからに他なりません。. この記事の目次 【公家の姫】と【武家の姫】との違い とにかく貧乏だった公家の姫 家を保つために存在していた武家の姫 こんな感じだった?姫の生涯 姫の誕生~幼少期 姫の少女時代 姫の結婚生活 夫と死別してしまったら… 姫たちの生活について 姫の着物は意外とシンプル 姫の食生活とはどんなもの? 勇敢に戦った戦国の姫と妻たち 豊臣軍を震撼させた姫の武勇【甲斐姫】 智略と謀略を駆使したスーパー尼僧【吉岡妙林尼】 城と運命を共にした女軍の妻【鶴姫】 いつの世も女性は強いもの.

えっ、ちょっ…奥さん?いや、あぁ~あああああ!

戦国時代 戦国時代の女性の生活について調べてみた 戦国時代 , 日本史 , 調べてみた ジェンダー , ルイス・フロイス , 女性 , 榮倉奈々 , 甲斐姫 コメント: 2 投稿者: Rio 目次 はじめに 戦国時代の女性の生活 とは 戦国時代の武家の女性の生活. また輿入れの行列が豪華であったことも知られており、武田家から北条氏政へ嫁いだ 黄梅院 の行列には、 なんと1万人もの人数が同行していたそうです。 別の見方をすれば、そのような豪華な行列を組むことで、己の力の強さを誇示するという意味合いもありました。. サイト内検索 検索:. Related Posts. そして3歳の頃には 髪置(かみおき)の儀式 (髪を伸ばし始める儀式)を行い、5歳の頃には 帯解(おびとけ)の儀式 (普通の帯を用い始める儀式)が行われます。この時に髪飾りや扇などをしつらえるのですが、これが現在の 七五三 の原型だとされているのですね。.

  • 教養 歴史. 戦国時代の多くの村では、年齢ごとに「 長老 」「 中老 」「 若衆 」に分かれており、長老は村の政治の中核となり、他の村との交渉や、その国の領主との交渉をおこなっており、大名同士の合戦でどちらの大名が有利かを判断するのも「長老」でした。なお「中老」は若衆の統率をしていたといいます。.
  • この記事が気に入ったら いいね!

E-MAIL -. 0 2.

アタシじゃなく、親父(おやじ)なの?

戦国時代のきっかけに!対立構造が複雑な【応仁の乱】についてわかりやすく解説 — Rinto~凛と~. 戦国時代に女城主がいたとか、大河ドラマでやってますが、本当か? 疑わしく思う。だって戦に出られるのかって。このサイトの記事にも 妙なコスプレした写真が載ってますが。男女の体力の差がわかって いるのだろうか?(サイトの上の方に、世界では女の首相、大統領が たくさん出てきていると書かれていますが。西洋以外だったら、そういう ケースの実に多くは、父親が大統領・首相だったか、亭主がそうだった 人ですよ。それも多くの場合、その夫は暗殺されてた人。そして女の 国家元首って汚職その他で、追われる人が実に多い。最近の韓国でも そうでしょ。彼女の父親は軍事クーデターで独裁者になり、暗殺された 人) 江戸時代の離婚は、夫からの一方的なもので、これが三下り半。 日本は戦前迄、女子の地位は非常に低い。戦前は、家族間でも食事の 内容、座る場所が違ってました。戸主である夫(祖父同居の場合は祖父) が一番偉い。魚もお頭付き。次がすべてを相続する長男。男家族が終わって 次が女たち。地方によっては、女は男達の食べ残しを食べるのが習慣。 また、女の食事は台所という所も。鹿児島がそのいい例。 このサイトを書いた方へ。参考文献を下に書いていた方がいいですよ。 日本史に詳しい人が見ても、耐えられる内容にするためにも。 (血を見て逃げ出す男とは?何でしょうね?一部、女戦士がいた?).

草の実堂 色々なものを調べてみる雑学メディア. トラックバック 0 コメント 2.

Related Posts.

戦国時代と武将の考察と紹介をしてるブログです

Next Article ストレス解消もできる!アロマオイルを使ったストレス解消方法はこれ. 姫の養育を担当した乳母は、共に嫁ぎ先へ同行し、そこで夫人となった姫の日常の世話を行います。 淀殿の乳母だった大蔵卿局 や、 千姫の乳母だった刑部卿局 などが歴史上名が知られていますね。. しかし一方で、戦国大名は確実に男の子を作って、跡継ぎを確保しなければなりません。それが「家存続」のための至上命令です。正室だけだと子供を産めないかも知れないし、家同士が中悪くなって離縁する羽目になるかも知れません。 だから、側室というものが不可欠なのです。側室も「妻」であり、「愛人」とは全然違うものです。好いた惚れたで置くものではなく、「跡継ぎを確実に作るため」にいます。.

Rio. Next Article. 1215 10 .

戦国時代の女性の生活について調べてみた

室町時代の 応仁の大乱 で、戦火を受けて屋敷を焼け出された公家たちは無力そのものでした。公家にも領地があって、そこからの収入で生活を賄っていたのですが、 武力を持たない公家たちは地方武士たちによって領地を横領され、貧乏そのものの生活を強いられていたのです。 焼け野原の京都にいても仕事がないため、仕方なしに地方のツテを頼って下向する者もいたのですが、それすらもできない公家は、ひたすら京都にしがみついて食い繋ぐしかありませんでした。. トラックバック URL. 天下が麻の如く乱れていた戦国時代の中にあっては、いかに領土を保つかが鍵でした。 「昨日の敵は今日の友」 とばかりに共通の敵と対峙したり、同盟を結ぶことによって安全を保っていたのです。そこで家同士の結びつきを強めるために 政略結婚 が頻繁に行われていました。将来、嫁いだ自分の娘が男子を生んだ場合、その家に影響力を行使できるかも知れない。そういった深謀もあったことでしょう。.

Related Posts.

知っておきたい:

コメント

  1. この記事が気に入ったら いいね!
  2. またこの時代には既に 花嫁修業 があり、「礼法」「歌学」「茶道」「書道」「芸事」などの教養を積み、嫁ぎ先にその免状を持参するというのが習わしだったようです。. しかし、やがて真田が小なりといえ「大名」になってくると、その跡継ぎの正妻の座は、有力な別の大名との同盟手段に使わなければならなくなります。つまり、真田家が徳川家と同盟、というか傘下にはいる証拠として、徳川家から嫁を迎えなければならなくなるのです。そこで、重臣の本多忠勝(藤岡弘。)の娘(吉田羊)が、家康の養女となって嫁いできます。 仮にも家康の娘ですから、昔迎えた妻よりはるかに格上です。真田家が出世して大きくなってしまった結果だから、これは仕方ありません。.
  3. トラックバック URL.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 studioe4z.com | 利用規約 | 連絡先 |