デス パレード アニメ 評価

公開日: 28.06.2020

思わず「ゾクッ」っとするほどの演技だ 緊張感のある中の人間のセリフだからこそ、感情だからこその演技、 「死」をかけたゲームをやっているキャラクターたちだからこその感情表現の数々は 普通のアニメなら1クールに1,2回あればいいほうだろう だが、この作品の場合はほぼ「毎話」だ。 そのおかげで「ゲームの勝敗」が 魂の行く先に関係ないというオチを忘れることができる。. この最初のルールの答え自体が『本当のミスリード』なんです。 ミスリードを明かすことでミスリードさせるって、すっごい迂遠なやり方ですけど、ここが非常に上手い!! 割とつまんなかったです 死後の世界でのデスゲーム ゲームの中で生前の記憶を取り戻したりするのですが、ゲーム内容に関係なく罰の痛みで思い出すことが多く、だったら最初から拷問でいいのではとなる 見せ方も下手で体の一部(おもに内臓)を賭けて戦うが、腕や足がなくなるのと違って内臓が無くなる痛みを叫び声あげられても全然実感わかない もっともカタワを映像化するのも無理だろうからしかたないか ゲーム自体も真剣勝負にみえて裁定者による凄くしょぼい介入がありテンションダダ下がりです 最終的には裁定者に感情が必要かという話があるが、どう見てもみんな感情あるんですけど 薄いだけで OPが嫌いでした 不自然な笑顔が不気味.

最後の審判をモチーフに輪廻転生を混ぜてみたアニメ。強引な設定である『ゲームをしながら人の内面を覗いていく』わけですが、このテの話は上げて下げるかその逆か… 作画・CV・音楽は結構なクオリティだと思うのに、前半のシナリオが残念……特に一話は二話とセットとはいえ、もうちょっと何とかなった気がします。ミスリードも上手くないです。あと、監督さんの演出は悪くないと思ったので単発シナリオは誰かに頼めば良かったのではないでしょうか? それと1クールなのに面白くなるのが六話からでは遅いかと。ですが、八話以降は見応えありました。全体的には見せ方とテーマがこなれていない気がしますが、低空飛行の前半から巻き返した事を評価したいと思います。 OPで大幅加点、EDも加点。割と好みで色々頑張ってる意欲作でした。.

前作は「30分」の作品だった。 だからこそ「設定」の突っ込みどころや気になる部分などを 勢いで押し切ってやりきった感じのある作品だったが、 本作は30分ではなく「1クール」の作品だ だからこそ、前作でも感じた作品の突っ込み所をどう処理するのか 期待と同時に不安を感じさせていた. cocktailpartner , ,ID:c 最終話まで見れたかどうかで評価が大きく変わる作品だ。 最終話の主人公の「涙」と「笑顔(笑)」と「笑顔」のために1クールが存在する。 若干消化不良の部分や気になる部分はあるものの ストーリーの積み重ねと「声優の演技」をじっくりと堪能できる作品だ.

全体的に見て最後まで見てよかったと思える作品だ。 一発ネタな感じの強かった前作を引き伸ばしたようにしか感じない序盤は 引き伸ばしではあるものの、その「一発ネタ」の面白さに引っ張られ見ることができ、 中盤でややダレはするものの「声優の演技」による人間ドラマの盛り上げが素晴らしく、 ダレてはいるもののがっつりと見てしまう。.

ストーリーの中で一定のテーマははじめはあったのかもしれないが、途中でそれがなんなのかかなりあやふやになってしまった。 おそらく難しいテーマだったから、というか製作側がそんなにしっかり考察し切れておらず、背伸びしたゆえにそのテーマに対する解答も、それどころか問題提起すら曖昧になってしまった。 雰囲気から深いアニメだと勘違いしないでください。はっきり言って内容はとてつもなく薄く、1クール完走するのが一杯一杯といったレベル。.

OP. 1 Flyers : BRADIO : : BRADIO : BRADIO [ ] [ ] 1 Last Theater : NoisyCell : Ryosuke Ryo : Ryo : NoisyCell PABLO a.

  • ストーリーの積み重ねを意識し 「デス・ビリヤード」の流れをくむ1話完結の話を積み重ね、 その1話~2完結の中で「人間」を描く。 意味のないゲームを死んだ人間の感情表現に使いながら 極限状態の「人間」を生々しく描くからこそ、 感情のなかったはずの「主人公」に何かを感じさせる.
  • 全体的に見て最後まで見てよかったと思える作品だ。 一発ネタな感じの強かった前作を引き伸ばしたようにしか感じない序盤は 引き伸ばしではあるものの、その「一発ネタ」の面白さに引っ張られ見ることができ、 中盤でややダレはするものの「声優の演技」による人間ドラマの盛り上げが素晴らしく、 ダレてはいるもののがっつりと見てしまう。. 死んだ人間をゲームで裁定するという設定は面白かったですね。 最初のうちはゲームをやって天国行きと地獄行きを決めているだけだったのでそれなりに楽しめました。 しかしストーリーが「裁定者には本当に感情がないのか」というテーマに移行してからはグダグダも良いところ。どう考えてもストーリー全体を通して行うほどの内容じゃないです。 肝心のゲーム部分も裁定者達の設定に物語が移行してからは疎かになっていき結局ダラダラ続いた話のオチも微妙も良いところ。 これならただずっとナンセンスなゲームを続けているだけのほうがよっぽど面白かったですね。 1話だけないしは6話まで見て残りはなかった物と考えてしまうのがよろしいかと。そこまでの部分は60点の出来です。.

さあ・・・ゲームの時間だ

All Rights Reserved. ただ「結末」がすっきりしない。 これは前作でも感じていた部分ではあるのだが ゲームの勝敗=魂の行く先の決定ではなく、 あくまでゲームを行う2人の人間を「バーテンダー」が見つめて、 「バーテンダー」が魂の行く先の決定する。 ゲームはあくまでも人間の本性を出すためのものだけに過ぎず意味が無い. はっきりいってストーリーの当たり外れがでかい。 前述したとおりゲームによる緊張感は生まれないため、 「人間ドラマ」部分しか楽しむところがない だからこそベテラン声優陣に寄る迫真の演技の数々に圧倒される 人間ドラマ部分を新人声優さんが演じていたならここまで面白くはない 「声優の演技」のアニメにおける重要さをここまで感じる作品はない. 最後の審判をモチーフに輪廻転生を混ぜてみたアニメ。強引な設定である『ゲームをしながら人の内面を覗いていく』わけですが、このテの話は上げて下げるかその逆か… 作画・CV・音楽は結構なクオリティだと思うのに、前半のシナリオが残念……特に一話は二話とセットとはいえ、もうちょっと何とかなった気がします。ミスリードも上手くないです。あと、監督さんの演出は悪くないと思ったので単発シナリオは誰かに頼めば良かったのではないでしょうか? それと1クールなのに面白くなるのが六話からでは遅いかと。ですが、八話以降は見応えありました。全体的には見せ方とテーマがこなれていない気がしますが、低空飛行の前半から巻き返した事を評価したいと思います。 OPで大幅加点、EDも加点。割と好みで色々頑張ってる意欲作でした。.

意味分からん。 もう一つ言えば「心の闇をさらけ出す」 ドヤァ・・・ ってやってるけどさ、 普通にゲームしてただけで終わった2人が居なかったかなー 普通にボウリングしてたような気がするんだけどなー ババヌキの回って俺の思い違いかなーおかしいなー変だなー怖いなー ってかどちらか片方が闇を出すまでは裁定続けるの? 緊張感のゲームを淡々と描かれても面白さが薄く、 毎話訪れる客が変わっても結局オチはあまり変わらない。 ストーリーの流れや「オチ」が分かってしまっている時点で 序盤の段階で「マンネリ」が生まれてしまっており、 同じような起承転結を毎話見せられてる感じが強い。.

MAO. nyanpassBDDVD :. 1660. … 6, ,ID:c.

デス・パレードの詳細得点情報

死んだ人間が、裁定者によって転生か虚無に落とされるかを色々なゲームによって決めるというなかなか暗いストーリーでしたが、結構面白かったです。 人間の綺麗なところと黒い部分がよく表されていました。ちょっと後味の悪い話もありますが、現実感があるのでなんともいえない気持ちになると思います。. 序盤は面白い。 「デス・ビリヤード」で感じた「人間の本性」ともいうべきキャラ描写、 前作は青年と老人という無関係の2人の勝負だったが、 1話は「夫婦」だ。 夫婦が命をかけたゲームをする中で「子供」の存在や「浮気」の事実など ドロドロしたドラマが描かれる中で行われる「ダーツ」に緊張感が生まれる.

冬アニメ by おかわり君

BAR ? OP .

デス・パレードの評価、レビュー/感想 一覧

そして、そんなダレを惰性を感じながら終盤に 「主人公」に感情が目覚めるまでの展開に不覚にも涙腺を刺激される 淡々と人の魂を「裁定」していただけに過ぎなかった主人公が 数々の人間の感情に触れたこと、「知幸」という女性に出会ったことで 感情が生まれ、涙する。 ストーリーの「積み重ね」が最終話で爆発するストーリー構成だ。. ゲームの基本的な設定、世界観の基本的な設定を 「2話」であっさり解説してしまうことで 前作や1話で感じた「謎」の部分の面白さがない。 ゲームの勝敗の結果、魂の行く先、描かれる人間ドラマの真実など あっさりと「こうでした」と説明されると、 見た側が「解釈」や「考察」していた部分の面白さが薄まる。. 基本情報 レビュー 30 POV 関連商品 リンク 0 デス・パレード.

人間ドラマ部分も「声優」さんの演技に救われている部分が大きい 中井和哉、川澄綾子、間島淳司、M・A・O、森田成一、森田成一、山口由里子、 安元洋貴、松元惠、種崎敦美、宮野真守、櫻井孝宏、藤原啓治、谷育子と バーにやってくる人間はすべてベテランの実力派声優ばかりだ。 だからこそ「あまり大したことがない」人間ドラマが 彼らの演技によって一気に「見応え」のある人間ドラマに変貌している.

ddc-animeBDDVD :. OP. … 6, ,ID:c.

ティザー映像・PVも公開中!

最終話まで見れたかどうかで評価が大きく変わる作品だ。 最終話の主人公の「涙」と「笑顔(笑)」と「笑顔」のために1クールが存在する。 若干消化不良の部分や気になる部分はあるものの ストーリーの積み重ねと「声優の演技」をじっくりと堪能できる作品だ. アニメミライに出展された作品『デス・ピリヤード』を ベースにTVアニメ化された作品。 まるでジャンプの読み切りが連載に昇格するようなお話で わりと感心しながら期待を込めて視ていたがなんか方向性が 自分の思っていたものとは少し違う方向に……。 もっと「世にも奇妙な~」的で行くのかと…… 変に裁定者側の物語を作らなくてもいい気がしましたね。 それはさておき、兎にも角にもこういうアニメミライから TVシリーズみたいなケースが他にも出てきたらいいとは思う。.

spirallife , ,ID:c

1 Flyers : BRADIO : : BRADIO : BRADIO [ ] [ ] 1 Last Theater : NoisyCell : Ryosuke Ryo : Ryo : NoisyCell PABLO a.

知っておきたい:

コメント

  1. それはさておいて、本作は難解だ。 これを正しく認識できる人ってそうはいないと思う。 なまじ単話々々のエピソードがよくできているために『あること』に気づかず最後まで行ってしまいノーナの企ての真意が解らない。 正確に言うと、ノーナの意図は説明されてますが、それをしなきゃならない理由がわからないわけですね。 それはいいことなのか悪いことなのか・・・いやいや、狙ってのことですから良いことです。 笑 ですので、普通に見るときちんと筋は通ってるもののなんとなくチグハグな印象を受け釈然としない。 これによって評価が少し悪くなると思う。 でもね、この釈然としなさで『気づかさせている』わけですよ。 それで評価が下げる人がいるのは惜しいので、ネタバレなしで解説めいたことをしてみようと思う。 なお、あってるかどうか不明です、勝手な解釈ですので。 結論から言えば2度見ろって言うのが一番手っ取り早いのですけどね。 笑 要するに本作は『裁定とはなにか? 惜しむべきは、その「マンネリ」や「中だるみ」のせいで 最終話まで見ていない人もいるだろうなという印象も感じてしまう もう少し6話のようなギャグ回が挟まれれば そういったマンネリもなく見やすさが生まれていたかもしれない。 1クールという尺の都合ゆえに中だるみが生まれていたのが残念だ。 1クールではなく2時間位の映画だったら、もっと高い評価ができただろう.
  2. cocktailpartner , ,ID:c

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 studioe4z.com | 利用規約 | 連絡先 |