りゅう よう 三国志

公開日: 11.08.2020

建安 2年( 年 ) 揚州 豫章郡. 劉 繇 (りゅう よう、 年 - 年 )は、 中国 後漢 末期の政治家。 字 は 正礼 。 青州 東莱郡 牟平県 ( 山東省 煙台市 牟平区 )の人。漢の 宗族 の一人で、 前漢 の 高祖 の孫である斉の孝王 劉将閭 ( 劉肥 の子)の少子の牟平共侯 劉渫 の直系末孫にあたる。祖父は 劉本 (劉丕とも、 平原郡 県令 )。父は 劉輿 (劉方とも、 山陽 太守 )。伯父は 劉寵 (字は祖栄、 会稽 太守。陳王 劉寵 とは別人)・ 劉韙 。兄は 劉岱 ら。子は 劉基 ・ 劉鑠 ・ 劉尚 。『 三国志 』呉志に伝がある。.

劉繇に関する ニコニコ動画 の 動画 を紹介してください。. 小説『 三国志演義 』においては、字は 子陽 。 郭嘉 の勧めにより史実より早い時点で曹操に仕えたことにされている。また、魯粛の友人の劉子揚という人物が劉曄とは別に登場し、鄭宝との出来事は呉書の記述に沿った内容で劉子揚が正史の劉曄の役割を担っており、劉曄と魯粛が友人関係であったことは『演義』では触れられない。 官渡の戦い の際に 霹靂車 を発案している。. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用.

武烈呉皇后 ・ 謝夫人 ・ 徐夫人 ・ 大帝歩皇后 ・ 大懿王皇后 ・ 敬懐王皇后 ・ 大帝潘皇后 ・ 廃帝全皇后 ・ 景帝朱皇后 ・ 昭献何皇后 ・ 末帝滕皇后. 孫策は 許貢 や王朗を破り 江東 を制覇し、袁術から自立した後に 江夏 の 黄祖 を討つため遠征を行ったが、その帰途で豫章に立ち寄り、劉繇の棺を引き取って遺族の元に返還すると共に、彼らを手厚く持て成した。王朗は孫策に手紙を送り、劉繇が孫一族と敵対することになったのは、袁術を巡る行き違いがあったためであり、決して本心からのことではなかったのだから、その遺族には恩愛を施すべきであると勧めている。.

: Wikipedia.

  • 龐統 ・ 法正.
  • 子の劉陶は 曹爽 に与し、曹爽が失脚すると 左遷 された。最後は 毌丘倹 征伐に際し、受け答えがはっきりしなかったことを理由に 司馬師 に殺害されている( 干宝 『晋紀』より)。. 武宣卞皇后 ・ 文昭甄皇后 ・ 文徳郭皇后 ・ 明悼毛皇后 ・ 明元郭皇后.

当時の揚州は、 袁紹 ・ 袁術 兄弟 が勝手に刺史を擁立するなどして、ややこしい情勢となっていた。 漢 の正式な太守として任命した劉繇を、 袁術 は自分の旗下として働いてくれることを望んでいたが、 無 理勝手し放題の DQN を劉繇が許容できるわけもなく、すぐに独自の行動を取り始める。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 果たして劉備は呉に攻め込み、呉は魏に対して臣従を誓う使者を派遣した。 群臣はこれを祝賀したが、劉曄は「呉は外圧を受けて切羽詰って使者を派遣してきただけで、とても信用できるものではありません。呉の困窮に乗じてこれを討つべきであり、この機を逃せば数代に渡る患いを残す事になります」と進言したが、劉曄の言葉通り呉は劉備を退けた後、魏に叛いた。.

劉繇は 前漢 ・高祖の孫である斉孝王 劉 将閭の子孫という、何 ぞの 偽皇叔はおろか、下手をすれば 後漢 皇帝 家 (長沙王 劉 発の傍系の傍系)よりも由緒正しい 家 柄の出身だった。祖 父 や 父 も役人として名を上げ、特に 伯父 の 劉 寵に至っては 有能 且つ清廉潔 白 な太守として、会稽 郡 の人々から慕われ、 後漢 書にまで記されるほどの 大物 だった。ちなみに 兄 の 劉岱 は 董卓 討伐連合軍に参加している。つまり、 エリート 中の エリート だったわけである。そのうえ、19歳の時に賊に捕われた 叔父 を奪い返すという腕っ節の良さまで見せている。. 表示 閲覧 編集 履歴表示.

  • 孫堅 ・ 孫策.
  • この時、豫章太守の座を巡って 諸葛玄 と 朱皓 ( 朱儁 の嫡子)との間に争いが起きていたので、劉繇は朱皓を支持した。年正月、劉繇は笮融に命じて、西城の住民を煽動し諸葛玄を殺害させ、朱皓を太守の座に就けた(『献帝春秋』)。劉繇は笮融を先駆けとして豫章城に入らせたが、笮融が突如朱皓を殺害し、豫章の地で乱暴狼藉を極めたため、これと戦い何とか追い出すことに成功した。. 劉 曄 (りゅう よう、生没年不詳)は、 中国 、 後漢 末から 三国時代 にかけての 政治家 。 魏 の重臣。 家系 は 劉氏 。 字 は 子揚 。 揚州 阜陵国 成徳県(現在の 安徽省 淮南市 寿県 )の人。 後漢 の 光武帝 の庶子である阜陵質王・ 劉延 の子孫に当たり、 王族 系の名門の出身であった。成徳侯・ 劉普 の次子。 劉渙 の同母弟。子に 劉寓 、 劉陶 。同族に 幽州 牧の 劉虞 がいる。.

劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯

最終更新 年2月1日 金 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー. まず、揚州の中心であり 袁術 の根拠地でもある寿 春 ではなく、長 江南 岸 の曲 阿 に本拠を置くと部下を集め始める。 主 なメンツは後に 呉 の初代 丞相 となる孫 邵 や是儀、滕耽といった文官や樊 能 、 張 英、 于 糜 といった地元の士人、 笮融 といった DQN などで、更に ひげ じい、もとい許 邵 や 太史慈 といった人々が集まった。更に 伯父 が功徳を施した会稽 郡 にも近いということもあって充分な支持基盤もあったこともあり、戦 力 を整えると 袁術 への攻撃を開始する。.

孫策は 許貢 や王朗を破り 江東 を制覇し、袁術から自立した後に 江夏 の 黄祖 を討つため遠征を行ったが、その帰途で豫章に立ち寄り、劉繇の棺を引き取って遺族の元に返還すると共に、彼らを手厚く持て成した。王朗は孫策に手紙を送り、劉繇が孫一族と敵対することになったのは、袁術を巡る行き違いがあったためであり、決して本心からのことではなかったのだから、その遺族には恩愛を施すべきであると勧めている。.

盗賊から叔父を取り戻して評判となる

果たして劉備は呉に攻め込み、呉は魏に対して臣従を誓う使者を派遣した。 群臣はこれを祝賀したが、劉曄は「呉は外圧を受けて切羽詰って使者を派遣してきただけで、とても信用できるものではありません。呉の困窮に乗じてこれを討つべきであり、この機を逃せば数代に渡る患いを残す事になります」と進言したが、劉曄の言葉通り呉は劉備を退けた後、魏に叛いた。.

司空 の属官として招かれ、 侍御史 に任命する話も出たが、これは辞退した。戦乱を避けて 江南 に避難していたところ、詔勅が出て 揚州 刺史に任命された。当時の揚州の治所は 寿春 であったが、当時寿春には 袁術 がいたためこれを避け、曲阿を本拠地とした。当初は、曲阿で勢力を持っていた 呉景 と 孫賁 に自分のことを支持させていたが、袁術が揚州支配を目指して 陸康 を攻撃するなど軍事活動を起こすと、袁術から官位を受けていた呉景と孫賁が邪魔になったことから、 樊能 ・ 張英 を用い彼らを追放した。袁術は新たな揚州刺史を任命して、呉景と孫賁に命令して劉繇を攻撃させたが、1年かかっても破ることはできなかった。朝廷は劉繇に揚州牧・振武将軍の官を加え、劉繇は数万の兵を擁す勢力となった。. 案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. この項目では、古代中国の政治家について説明しています。現代中国の俳優については「 劉燁 」をご覧ください。.

是儀 ・ 胡綜.

: Wikipedia. DQN .

漢の皇室の血を引く家に生まれる

劉 繇 (りゅう よう、 年 - 年 )は、 中国 後漢 末期の政治家。 字 は 正礼 。 青州 東莱郡 牟平県 ( 山東省 煙台市 牟平区 )の人。漢の 宗族 の一人で、 前漢 の 高祖 の孫である斉の孝王 劉将閭 ( 劉肥 の子)の少子の牟平共侯 劉渫 の直系末孫にあたる。祖父は 劉本 (劉丕とも、 平原郡 県令 )。父は 劉輿 (劉方とも、 山陽 太守 )。伯父は 劉寵 (字は祖栄、 会稽 太守。陳王 劉寵 とは別人)・ 劉韙 。兄は 劉岱 ら。子は 劉基 ・ 劉鑠 ・ 劉尚 。『 三国志 』呉志に伝がある。. ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ.

19 .

知っておきたい:

コメント

  1. Toshi-shita
    孫堅 ・ 孫策. 朱皓 薛礼 于糜 孫賁 呉景 許劭.
  2. 永寿 2年( 年 ) 青州 東莱郡 牟平県 ( 山東省 煙台市 牟平区 ).
  3. その後、 青 州の役所に招かれ、 行政 監 査 の役に就くがここでも賄賂を貪って法を破っていた斉南の相を罷免に追い込んでいく。まさに 伯父 譲りの清廉潔 白 な官吏だったわけである。それらの行動が評判を呼んで中央に招かれるが彼はそれを拒否して 地方 にいる事を選んだ。時は 後漢 末期 、中央の 混乱 を察知して、中央に行くよりは 地方 で群雄割拠した方がいいと判断したからである。. 隠しカテゴリ: 中国の歴史関連のスタブ項目.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 studioe4z.com | 利用規約 | 連絡先 |